スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
誕生日

 3月8日、イネスが2歳になりました。



この2年はあっという間でこっちがびっくり!

魔の2歳児といわれるお年頃ですが、イネスはもうとっくに魔の時期に突入しているので、はやくイヤイヤ期&何でも口、鼻、耳にいれるのをやめてくれればと願う私。

先日は、グリーンピースをたべているときふとイネスをみると耳に何かが。。。
みるとグリーンピースが!3つ耳のあなから耳かきで救出。
やれやれ、、、。

イネスが鼻を指差してなにか言ってる。。。みると鼻の穴にも!
グリーンピース4つ発見。。。もう、これは病院行きかとおもったらくしゃみをして全部救出。。。あー、ほんとやめてほしいわ!

とうまが小さい頃ティッシュの切れ端を鼻に詰めたときは取れなくてナントの病院までいくはめになったのが蘇るわ。悪夢ー!

なんでも自分でやりたがり、おトイレも自分で教えてくれるからいいところもあるけれどいたずらが半端ないの!



マレーヌのららちゃんからもらったアンパンマンブロックをさっそくキッチンで広げてこの顔!

昨日は、家族いとこなどみんなでお誕生日パーティーをしたのでした。
で、新しいワンピースを着せたのだけど早速おいてあったサインペン(しかも黒!水性だったのが救い)の先を食べてる!で、口中インクだらけで真っ黒なよだれが服にも!

ほんと、だれもみていない隙にやってくれるわー。

サインペン放置禁止のはずなのに。。。子供にきいても私じゃないと3人組。。。

いまは、きのうお昼寝もしなかったつかれかあさからお昼ねしちゃっています。
これで今日の午後は大変そうだなー。



パピーの誕生日がちかいので一緒にお祝いしました。イネス、ろうそく消すのがすごくうまい!パピーの分まで消そうとしてました。
これは、2度目。。。消し足らないようだったので。。。








| パシリー | 子育て。 | comments(4) | - | pookmark |
リサ、3歳の誕生日。
誕生日は、なんとしてもブログにのせてあげなければ!という訳で、ちょっと身内受けなブログです。。。



10月24日はリサの3歳のお誕生日でした。



学校には、パパとお買い物に行って準備したボンボン(飴みたいなグミみたいな?)を持っていきました。



誕生日の子は、みんなでお祝いしてくれるのだけど、その時に本人がこうやって飴やお菓子なんかをみんなに配るのです。



で、学校帰りにはお誕生日の証「かんむり」を頭にのせてご帰宅なのです。







夕飯後のデザートにパピー、マミー、マヌー(おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃん)をご招待。

パピーは床屋さんで8時までお仕事なので9時すぎに来てくれました。

普段ならもう寝る時間だけど特別。。。(まあ、翌日からは魔のバカンスなので朝ゆっくり寝てくれればいいし)



ケーキはパシリー製「タルト・オ・ショコラ」

でもタダのチョコタルトではなく、リサの好物を集めたスペシャル版でございます!





チョコの下には好物「バナナ」がぎっしりひきつめてあり、上にはコレも大好き「くるみ」をちりばめ、最後にピーナッツ入りの「m&m’s」で名前を書きました。



ろうそくを消すとプレゼントの時間!





三つ葉のピアスとパジャマをもらいましたー。



普段はなかなかとる機会がない家族全員写真も撮ってもらいました!





いつも「パシリーの写真がない!」と不満足な人達へ。。。パシリーは相変わらずなーんにも変わっておりません。。。



今週の日曜日は大人9人子供7人で盛大にお祝いする予定です。

この家最後のご招待となりそうです。。。大仕事だー。
















| | 子育て。 | comments(5) | - | pookmark |
最近のパシリー
お久しぶり!

あっという間にとうまも1ヶ月半になり。。。大きくなりましたよー!



 

1ヶ月検診にも行ってきましたが、ナント4000gになっておりました。

飲みっぷりもよいので、そりゃそうだ。と思っていますが最近は少し生活のリズムができてきたようでお腹がすいたかオムツが汚れた時くらいにしか泣かないので、とても助かっています。



しかし、毎日は朝から晩まであっという間にすぎてしまいます。



マリ、リサを学校に送り、迎えに行き、食事と洗濯ととうまの世話でほんと他の事をする余裕がないのです。



リサ(次女)は赤ちゃん返りしているみたいで、「食べさせてー」「抱っこー」(学校からの帰り。。。)「おねしょ」と更に仕事を増やしてくれるしねえ。



マリは、パシリーがミルクをあげているときにリサが「トイレー」だの「これ開けてー」だの(きっとわざと手が離せないときに言うんだよね)と言ってくるのでそんな時にはパシリーに代ってリサの面倒を見てくれています。。。1才半しか違わないのにお姉ちゃんって大変だなー。ありがたいなあと感謝しています。



家の改装もどんどん進んでいるので記事にしたいのだけどそれはまた今度!(いつだろうねー?)
| | 子育て。 | comments(3) | - | pookmark |
学校はじまる。
今日は、バカンスも終わり新学期。



長女は年中、次女は年少さんクラス。

しかも、いつもの学校ではなく引越し先の学校に今日だけ行く事に。



なので、ふたりそろって新しい先生に新しいお友達。



パシリーとばあば、そしてパピー(夫の父)の三人で送っていきました。







次女は、クラスをきょろきょろ見渡しすでに遊びたいモード。長女はちょっと緊張気味でしたが、お別れに泣く事もなく一安心。。。



明日からは、引っ越すまで、またいつもの学校へ行く事になります。



楽しく過ごせるといいなー。




| | 子育て。 | comments(1) | - | pookmark |
かんしゃくもち。
今日も「キネ」をやってもらった次女。すごーい、かんしゃくを起こしてしまいました。。。



昨日の朝のキネのあと、疲れてお昼ごはんも食べずに寝てしまった次女。その後2時間ほどで「うんち。」が出てしまったので(多分寝てたのに。。。)目覚めてしまい、その後は眠れず。

長女を学校に迎えに行く頃、なんだか疲れてきたようで学校に行く途中に「道路の真ん中にたってちゃ駄目!こっちにきなさい!」と言ったパシリーのこの一言から「いやー!」と始まり、帰ってきてもまだ続くかんしゃく。



そういえば、赤ん坊の頃から泣くときは根性入ってたもんなー。。。と思い起こしたパシリーですが、2歳から3歳の第一次反抗期っていうんですか?

すごい!ちょっとでも気に入らないと「ジュ ヴ パー」(日本語でヤダに当たります)を連発し床にゴロン!足と手をバッタバッタさせながら泣き叫びます。



ふー、疲れるなあ。。。でも、パシリーこんなことを許すほど甘いママではありませんよー!



まず、とりあえず何が気に入らないのか聞いてみる。でも、答えに全然ならないので「落ち着きなさい!」と言って廊下か部屋の隅につれていきしばらく放っておく。

でも、それでもなかなか落ち着いてはくれないけど5分から10分もするとこっちへ様子を見ながら寄ってくるので、その時は「こっちへおいで」といって抱っこしながら再度お話。今度はたいてい「わかった?」の問いに「はい」という素直な返答。



しかし。。。また何か他の事ですぐに怒り出す。きちんと何がしたいか欲しいか嫌かを言おうとはせずに、まず泣き出すのでこっちもついつい怒っちゃうんですよね。

しかも、いいかげん疲れてくると手もでてしまいます。。。コレばっかりはいつも後で後悔しちゃうんだけど、どうしても聞き分けがないので最後の手段です。

でも、叩いても言う事聞くようにはならないだろうな、とも実感しています。

なので、コレはこらえなくては!と自分に深く言い聞かせたパシリーなのでした。。。



子育て中のママたちは、どうしてますか?「わかった、わかった。」なんて子供の言うままには絶対したくない頑固な母なのでもしかして「やりすぎ?怒りすぎ?」と思うこともあります。



というわけで、今日の「キネ」が始まると同時に「ジュ ヴ パー」を先生に向かって連発。。。しかもジタバタしてマッサージができない。。。で、興奮して息をつかないのできちんと咳も出ずにいつまでも終わらない。



今日の先生は、女性で2児の母なのでなんとかなだめようとしてくれるのですが。。。「お子さん気が強いですねー」となり、「お母さん、ちょっと落ち着かせてもらえます?」ということでパシリーが抱っこ。



抱っこ中は泣き止むものの、またマッサージがはじまると同じ。。。



なんとか、このかんしゃくが止んでくれないかな。そういえば、最近「ママ、ここ痛い!」と口の中を差して言ってきたとき「奥歯がはえてきそう」だったからなー、こういう神経の痛みで彼女もいらいらしてるのかもしれない。。。はやく出て来い奥歯さん!



ということでちょっと疲れ気味のパシリーでした。。。
| | 子育て。 | comments(0) | - | pookmark |
添い寝、卒業です!
いやー、昨日から雨降り止みません。今日もどんより、しかも学校はお休みの水曜日、子供のいたずらも止みませぬ。。。パシリーです。



実は、昨日で1週間経過。『ママの添い寝なしで寝る』が娘二人とも実行できています!すごいね。

お昼寝は意外と添い寝無しでも良かったのですが夜は絶対添い寝無しでは寝てくれなかった二人でしたが、先週の火曜日の夜、「マミーのお家でねんねする時はママいないでしょ?あと、学校の役員会のある日も(月に1回か2回程度の会合が夜にあるので)パパと一緒だけどパパは一緒に寝なくてもねんねできるよね?どうして、ママがいると一緒じゃないと眠れないっていうのかな?」とふたりに聞いてみました。

すると「だってー。。。」というけど理由が見つからないみたい。

なのでパシリー提案してみました。

「今日から、ママの添い寝なしでねんねできるようにしようよ!好きな本を読んであげるから選んできなさい。」というと

「うん。」と意外に素直。。。

で、「ぐりとぐらの遠足」(大好きなんだよね、あと「ノンタン」も!)を読み、「じゃ、ママ下に行くけど、ドアも半分開けておくし何かあったら呼べばすぐに来るから安心してねんねしなさいね」と告げ、フランスならではの抱擁+キスを二人に交互にして(しかも、一人5回くらい、せがまれて。)下に。



夫は「どうした?もう寝たの?」と不思議顔でしたが説明すると「そりゃ、いいことだね。」とにっこり。いままで添い寝問題でけんか勃発することもあったのでね。



結局、二人とも騒がす泣かずにそのままねんねしてくれたみたい。

でも、毎日続くかな?と疑問のパシリーでしたが何と昨日で一週間経過。無事にママの添い寝無しで眠ってくれるようになりました。絵本は毎日、日本語のもの限定で読んでいます。パパの時はフランス語の絵本で。



長女は来月で4歳、次女は2歳半。とってもうれしいパシリーなのでした。



マミーにももちろん伝えたところ「三人目は最初からフランス流で寝かしつけるといいんじゃなーい?」と言われてしまいました。

フランス流とは、「最初の1週間ほど、泣いてもわめいてもそのまま一人で寝かせると一人で寝れるようになる」というものでして。。。

パシリーが我慢できるかどうか、それが疑問。フランス人に言わせると「甘い!」らしく、そういえば日中でも赤ちゃん用のいすに座らせてママが抱っこする時間ってすごい短いような気がします。移動時もチャイルドシートで、外にいくときはそのままいす部分が取り外せるから座らせたままだし、買い物の大きなカートにそのいすに座らせたまま乗せてお買い物してるし。

抱っこひもで抱っこしてるお母さんも見たことないなー。そういえば。。。

国が変われば。。。ですがパシリーはやっぱり日本人なのでフランスにきたからってフランス流でやっていけるかなー?

やっぱり「甘い」のでしょうか?



産まれるまでまだ半年ありますが考えておかないとなー。まあ、親の愛情自体に変わりはないと思うのだけど。



日本のママたちは赤ちゃん密着度高めですからね。でも、それが大きくなってからも影響するらしいです。でも、どんな方法でも「愛情」を示してあげる事が大切なのでしょう。

自分の時間が少なくなって我慢できないママは、フランス流がいいかも。抱っこしたら『ぎゅーっ』と強く!しかもキスの嵐+ほめ言葉もかけまくり!で短いけど濃い接触をできれば大丈夫みたいです。普段から愛情たっぷりに声をかけることは日本流より多いと思うしね。



長女はアイルランド産まれだけど4ヶ月から日本で生活していたから日本生まれの次女と同じく日本流です。フランス生まれはどうなることでしょう。。。








| | 子育て。 | comments(1) | - | pookmark |
2月のバカンス!
今日は、娘達のお昼寝が終わるとマミーがお迎えにやってきて、子供達を実家で預かってもらっています。久しぶりに「独り」の時間ができたパシリーです。

フランスは、バカンスです。学校は2週間!働く人たちは1週間お休みっていう人が多いみたい。。。ちなみにパシリー夫はなし!です。働き蜂のようです。

明日は、パシリーはじめてのエコーに行って参ります。やっとだよー。という気持ちです。だって妊娠がわかってから随分経ちますから。。。ともかく全て順調です!っていうのを聞きたいパシリーなのでした。

で、あさっては2回目の検診を1回目と同じドクターのところで受けてきます。前の日記を読まれた人なら分かると思いますが、とても子供と一緒に行けそうな感じじゃないのでマミーが預かってくれることになったのです。

子供達は、大喜び!で「ばいばーい!」とあっさり出かけて行きました。

という訳で、2日間フリータイムを頂いたパシリー。

何しよう?

今から考えよう。。。


| | 子育て。 | comments(0) | - | pookmark |
愛情表現のひとつ。
いやいや、次女の次は何と夫が「ガストロ」に。。。昨日は夫が夕方5時頃帰宅し「早いねーどうした?」と思ったら病人になってました。

順番が来ませんようにーと祈るパシリーです。



今日は、バレンタインデーの夜の出来事です。そう、次女が病気だった日ですね。その日は子供2人ともがいつもは2時間はする昼寝をしませんでした。理由は日用品の買い物に出かけたから。。。普通はお昼寝後に行くパシリーなのですが、その日はマヌー(主人の祖母、こどもの曾ばあちゃん)のうちへ遊びに行く約束をしていたので買い物に行く時間がなかったのです。



マヌーはマミーのママで夫の実家のすぐ近所に一人暮らしをしています。平日は一人で寂しい時間を過ごしているマヌーは、いつも「遊びにおいで」と言ってくれるのですが長女の学校や次女のお昼寝が終わってから買い物に行くともう遊びに行く時間はなくなっちゃうんですよね。夫も迎えにいかなきゃいけないし。

というわけで長い間遊びに行っていなかったからなんとか今日は遊びに行かなくては!と思ったわけです。



で、、、夕方子供は疲れ気味。。。当たり前だけどぐずぐず言い出し、そのうち次女は嘔吐。

「あー、まだ体調が万全じゃないのにお昼寝しなかったから。。。」とパシリーは後悔。

で、夫もちょっと不機嫌。でもいつもみんなで見ているテレビ番組をみて着替えたりしていると9時半になってました。「寝るのが遅すぎる!」と怒り出した夫。。。

しかも、娘達は日本で暮らしていた時同様に「添い寝」をしないと寝ません。つまり、バレンタインデーの夜でもパシリーは子供との添い寝に時間を使ってしまうので夫婦二人の時間があまり持てないのです。



というわけでフランス人の夫としては超不愉快。フランスでは「添い寝」は『ありえません!』

赤ちゃんの頃から1人寝の習慣をつけさせます。日本にいるときも「添い寝反対!」と言い続けてきた夫ですが日本では当たり前のこの習慣は子供との接触、愛情のしるしでもあると純日本人のパシリー的には思うわけです。

いままでも何度も討論しましたが分かり合えない問題のひとつで、今でもこうしてもめごとになるのです。



確かにフランス人の甥っ子も姪っ子も1人部屋で1歳でもひとりで眠っています。おやすみのキスをしたら自分で部屋に行って寝る。なんて楽なの、いいなーともよく思うのですが習慣化してしまっているパシリーたちにはそう簡単に添い寝をやめることができません。2週間ぐらい泣かせればやめれるなんて言われることもあってなんだか釈然としないのも事実なパシリー。

親の都合は後回しな日本の習慣と親の権利が優先な国フランスの習慣、、、平行線をたどるのも無理ないか。



ところで、フランスにはフランスならではの愛情表現があるのも確かです。

名前は呼ばずに「モン・トレザー」(私の宝物)や「モン・プチ・キャー」(私の小さな心臓?My little heartですね。)などなど数え切れないくらいの愛情たっぷり表現を使い、キス、そしてハグ(抱きしめる事)など体を使った表現もよく行います。日本ではこういった愛情表現はしませんからね。

家の状況だと日本流+フランス流2種類の愛情表現をフルに使っている感じ。娘達は幸せモンだー。

でも、夫は添い寝をしないしパシリーは名前でしか子供を呼びません。日本語で話しているからってのもあるけど。「お片づけしなさい、モン・トレザー」はいいにくいでしょ。。。キスやハグはします。



そういえば、夫はパシリーの事を「モン・プチ・スカラベ」と呼ぶことがあります。

スカラベって?SCARABEE。。。コガネムシ。



なんだかうれしくないパシリーなのでした。だって、何か他にいっぱいあるのにコガネムシって、ねー。



でも、それが愛情表現ってものなのだ。。。そうだ。。。
| | 子育て。 | comments(0) | - | pookmark |