スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
いけばな教室
パシリーのフランス初仕事の「いけばな教室」。
2箇所のアソシエーションの初レッスンが今日おわりましたー。

レッスンそのものよりも、年間の予定&予算を考えたり、花を仕入れることや授業の内容をどうフランス語でフランス人にわかりやすく言うか(特にこれは大変!)を辞書相手に探したりなんていうことで時間はあっという間に過ぎていってしまいました。

ついでに、庭に芝の種をまいたり。。。というか、下準備に庭前面を耕すのだけど全部手仕事でした。フォークの大きいの(日本語で何と?)でちまちま耕し続けること2日。

クマデでならしながら石を拾うこと1日。
 
やっとのことで芝の種を撒き、今は、若い芝がほとんど前面を覆ってくれてきれいに変身!やっとほんとに庭らしくなってきた!

今秋は、庭木も植えるつもりです。かえでかもみじを植えようと思います。

ところで、話は戻っていけばなレッスン。。。

自分が生徒だったころ、日本でお花の先生は盛り花や投げ入れの規則やら、いけばなの哲学なんていきなり教えてくれなかったし、こっちも「先生に直してもらうこと」を繰り返しながら、感覚をつかんでゆくってな感じだったのに、こちらではそうもいかず。。。

しかも、1クラス14名もいるもんだからほんと大変です。

要望にお答えして、最初に今日のテーマと注意事項を説明し、デモストレーション。ついでに、たいてい哲学とか意味があるんでしょう?と質問があります。
「いや、まだ哲学語るほどのレベルではないのでは?」と思いつつも「天地人」の役枝の話なんかをちょっと盛り込み、その気にさせてみたり。。。

その後、各自が自分の花器に合わせて生け始め、パシリーはみんなの周りを一人ずつにアドバイスしながら2周ほどしたらほぼ完成。

いけばなって、花の向きとかバランスとか、とても繊細で細かいところまで気をつけることが大切ですが、「長い茎を切るのがもったいない」という人が多くて、葉はたくさん付きすぎだし、つぼみも全部使いたいしということで、それをあらためるのに「潔くきっちゃいましょう!」を繰り返すパシリー。。。

ふー。ナにはトモアレ。初回がすべて無事に終わってよかったー。

あ、ところでパシリーのデジカメ。壊れたみたいです。
IXY LI?なんだけど突然液晶が真っ暗に!
そこまで撮った画像はみれるのに、もう撮影モードにしたら真っ黒でシャッターは切れるけどやっぱり真っ黒で。。。

修理できるのかなー?
レッスンの作品写真が撮りたいのに痛いなー。
初給料はカメラに決定???まだ、もらってないけど。

パソコンに続いて今度はカメラかー。たいてい3回続くっていうよね、大物はご勘弁ください!!!(祈)


| パシリー | | comments(3) | - | pookmark |