スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
まだまだ。。。
またまた、久しぶりの更新です。。。

毎週末、夫の家族と改装工事に行っています。



先々週の様子から。

心待ちにしていた一階部分の床が出来上がりましたー!

普通のなんて事ないタイルですが、コンクリート打ちっぱなしの床から一気に家らしくなりました。







ついでにその2日後(床が乾いてからね)薪ストーブも設置されました。



これは、娘達の学校の親の会の役員を一緒にしていたシルビーの旦那さんがたまたま薪ストーブや暖炉の会社に勤めていたので特別に早く来てもらえました。。。今は忙しい季節でなかなか来てもらえないんだって。。。



彼の自由時間を使って作業してくれたのです。。。ありがとう、パトリス!!







電話しても、何度しても留守電でなかなかつかまらない電気、水道工事屋さん。

ある朝、夫が(毎日電話してるんだけど)留守電にいつものようにメッセージを残し期待もしていなかったのに彼から折り返し電話があり(スッゴーイ稀。。。なんでやねん!)「お風呂のバスタブの色なんだけどクリーム色でもいいかな?」だそうで。。。

夫が「いいよ。」と言ったけどどんなのか心配だから行って来て!というので月曜日休みのパピー(義理父)と一緒に行ってきました。



そしたら。。。なんと、すでに作業の人が来ていて設置中。

でも、予定していた場所では壁が斜めなのでどうも変。。。



夫と水道の配置を考えていた時に反対の壁(まっすぐな壁)沿いに設定したかったのに「こっちの斜めの壁側じゃないと無理」と言われ、パシリーは「絶対できないことない!」と主張したのに、夫は「プロが駄目と言ってるんだから、無理だ!」とクリスチャン(電気屋さんね)の言うなり。。。





で、いざ設置しようとおもったらやっぱり絶対変!





パピーも同じ意見で、作業をしていたおじさん(クリスチャンではない)にこっちに設定できないの?ときいてみると。。。



「え?できないことないですよ。ただ、パイプを付け足さないといけないけどね」だって。。。「え?できるんですか!してください」とその場で変更を依頼。





ほんとに、この朝、行ってよかったー。さもないと勝手に変な位置にバスタブ設置、しかも嫌だと言っていた家具付洗面台も設置されるところだったよ!



帰って夫に電話で伝えると「憤慨」。。。パシリーにじゃないよ、もちろんクリスチャンに。夫が子供の頃からの付き合い(パピーの床屋常連さん)なので彼にわざわざ依頼したのに「もう、信用できーん」とかなり不機嫌。



パシリーもこの電気水道の工事には他にも不満がいっぱいなので常に夫に「こうして欲しいのに。」などと要求すると夫はクリスチャンのいいなりなので〈知ってるっていつでもお得ではないよね、夫は彼に言いたい事がいえないみたい。。。)パシリーに「いろいろ要求しないで!」とけんかも勃発。



知り合いだけどお金も払うし、自分達の家だからなるべく使いやすくしたいし特に器具(バスタブ、手洗い、キッチンのシンク)は好きなものにしたいパシリーは「いつまで待っても、何の連絡もないんだから自分達で買って設置だけお願いしようよ」と言うのに夫は「そんなことできない」の一点張り。



イケアで買って自分でつけるというと「時間もないしお金もない」だって。

だけど、クリスチャンの器具はどれも高いし、なんといっても古臭い。



洗面所の鏡つきの家具。。。パシリーは嫌いなので断固反対。

彼の所で買うなら、一番シンプルで安い(といっても普通のホームセンターの3倍はする)足つきの洗面器しか嫌だ。と要求。





といういきさつもあった中、この朝作業をしていたおじさんが「洗面台の家具は午後設置するね」だって。

「聞いてないよー!どんなのつけるのかもきいてないし、私たちが選ぶんじゃないの?普通」

ということで「保留にしてください、クリスチャンと相談するので。。。」とお願いした。



で、相変わらず彼からの連絡はなし。。。



夫が次の日、仕事帰りによってみるとなんとバスタブだけでなく洗面台も設置済み!「相談してからって言ったのにー!」

さらに大憤慨!



しかも!!彼の都合で「クリーム色」でもいいよ。となったバスタブに考えなしに真っ白な洗面台。



パシリーが「せめて色ぐらい統一してほしい」というと夫も同意。



(これがお風呂場)



またまたいつになるか分からないけど「じゃ、クリーム色のに代えるから」とクリスチャンの返事。。。



ほんとにぃ??ほんとに代えてよね!





彼らが仕事を進めてくれないので壁の仕上げもできずにホント不愉快です。



あー、日本の工事屋さんだったら。こんなことはないのでしょうか?



はやく仕事しておくれよ!クリスチャン!!





コホン。愚痴っぽくなってしまい、失礼しました。。。いやね、でもね、ほんとに疲れるし怒れるんですよ!業者さんとのやり取り。  



最後に、、





3ヶ月になった(はちきれそうな!)とうまデス。。。いやー、癒されますね!ほんと。
| | フランスの築100年の家。改装など。 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2006/12/06 2:49 PM posted by: らら
あ!復活してる。(笑)
昨日の午後から(日本時間)ずっと、パシリーのブログ&HP
接続できなかったんだよ!

っというわけで、パシリーのブログファンの『あさがおさん』が心配して、わたしのブログに来てくださったよ〜。

なんで止まってたか知らぬが。。復活してよかったね〜。

家作り。大変そうだねー。
日本でも、知り合い。に頼むのは中々勇気がいると思うよ。。やっぱり、言いたいこと言いにくいとおもう!

難しいよね〜。でも、作り直すには、費用もかかっちゃうし。。初めが肝心だよね。
後悔しないように、疲れるだろうけど、食い下がって理想の家作りしてね!!!がんばれー!!
name:
email:
url:
comments: