スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
bateaux nantais
さっむー。今日も、朝10時に車に乗ったらマイナス3度、風による体感温度はマイナス10度と天気予報で言っていたけどほんとに凍えるー。パシリーです。

目やにが急にでて、昨日は機嫌も悪かったとうまと医者に行きました、みみだれが発見されて抗生物質投与となりました。。。

さて、お題にありますのは「バトウ ナンテ」。
ナントの船ってことですね、この遊覧船はレストランになっていてお食事しながらナントの河沿いを観光できるのです。

結婚式のお祝いにと、夫の部下のみなさんからいただいたチケットで行って参りました。

昼と夜とを選べるのだけれど、季節柄子供に内緒の買い物もしたかったので(ノエルですからねー。)昼食後に夫の実家に子供たちを預けて午後はナントでお買い物、夜8時半からのディナーを予約。

2人きりでナントをブラブラなんて、いったい何年ぶり?っていうか初めて?なんて子供のいない気軽さに感謝しつつ街を散策?買い物。

でも!なんという人の多さ!!
特に、フナック前の「マルシェ・ド・ノエル」!すごい人。。。すごく、寒かったのに赤ちゃんも子供も連れてって人もいっぱいいて、すごい根性あるなー。とフランス人パワーに唖然でした。

しかし、姪っ子のためにフナックでMP3を購入したパシリー達は店内のぎゅーぎゅー詰め加減にげんなり。。。はー、土曜日は最悪ですねー。

ど田舎在住3年もすぎ、都会への免疫力が足りない私たちはどっと疲れ、寒さもこたえるし静かそうなカフェにはいって一休み。
「ショコラ・ショー」(ココア)は凍えた体にじーんとあったかく、おいしかったー。

ディナーの時間までは余裕があったけど、あまりにも寒いので車に戻り移動開始。

が、渋滞のため余裕を持ったはずがちょうど良い時間に船着場に到着。

いよいよ乗船です!


ライトアップされた大きな船。チケットをみせるとボーイさん一人が来て「本日は私がお世話をさせていただきます」と席まで案内してくれました。

船の先頭の端の席。操縦席のすぐ後ろで操縦士さんたちも見える。


1等の席をプレゼントしてもらったので、ボーイさんもサービス行き届いてました。

離岸して間もなく、シャンパーニュがだされました。
口取りは、こちら。


3種類あって、どれもおいしかったです。

次に前菜、パシリーはサラダに柑橘フルーツ、生ハムや燻製が乗っているもの。さわやか、パシリー好み。



夫は「ホタテのグラタンブルターニュ風」。味見したら、ほんのりシードルの味もしておいしかった。パイ生地の棒もかわいいしソースをつけて食べれておいしい。



河沿いに停泊中の「ペニッシュ」。
船に住んでる人たちの生活ってどんなだろうねー?と話しながらいろいろなペニッシュを観察。。。薪もおいてあって、煙突からは煙もでてるし暖炉とか薪ストーブも船なのに使えるもんなんだねー。と感心。
観葉植物やテラスにも鉢物があって「庭」つきの船も多い。




パシリーのメイン。ブリックと呼ばれる、春巻きの皮を薄くしたようなものの中に、鮭と鯛、野菜が包まれていてソースはほんのりオレンジの香りもするかにのソース。
手打ちタリアッテレにコジェットとにんじん。
ソースがおいしかった。ウチでも春巻きの皮があるのでやってみたいな。



夫は「鴨ステーキに野菜のパンケーキ?キッシュ?みたいなもの」。
味見はしてないけど、普通においしかったらしい。



次は、チーズ。ナントのチーズ「キュア・ナンテ」をパイ生地に包み蜂蜜レモンソースがかかっているのと切りっぱなしのキュア・ナンテ。
パイ皮に包むとおしゃれだし、ソースが甘くてよく合う!



デザートは。パシリーは「クリーム・ブリュレ」
定番のデザートだけど、おいしかったー。うえはカリカリ、なかはとろりでオレンジゼストが乗っていた。


夫は「パイナップルのカルパッチョとスパイス入りケーキ」
パシリー的に、夫がコレを選ぶとは思わなかったけど。。。おいしかったって。
フォンダン・ショコラにイチゴソースってのがあったんで絶対それを選ぶと思ったのに、冒険してみたらしい。


さすがに、フレンチフルコース。
もう、お腹いっぱいだよー。というところに
「エスプレッソ」と「マカロン&フロランタン」


うーん、ピスタチオのマカロン。絶品!

そうこうしている間にあっという間の3時間。

ライトアップはされてたものの、さすがに写真はむずかしかったので(ガラス越しだし)ないけれど、河沿いに建つお城の数々を歴史のお話も交えながらの解説もあり、とっても優雅で有意義なひと時となりました。

今度は、日本の両親をご招待しようと夫が言っております。
お楽しみに!

パシリーもおすすめです!昼間もいいし、季節ごとに変わる川沿いの景色を好きな季節に楽しむといいかもね!
冬は、葉もすっかり落ちた木々の裸の美しさがみられます。パシリー、木の枝をほんとに美しいと思う!
凍りそうに冷たい河に顔をつっこんでいる野鳥のたくましさもみられました。

さむくないんかな?鳥さんて。


| パシリー | フランス暮らし。 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/01/11 6:01 PM posted by: いくりんママ
あけましておめでとう!
そっちは寒そうだね〜。

クリスマスのデート良かったね〜。
うらやましいわぁ〜。

風邪には気をつけてね〜。
今年も変わらずよろしくね。
(^^)
2008/01/05 10:01 AM posted by: えりえり
パシリーさん
あけましておめでとうございます。
今年も又素敵なブログを
拝見するのを楽しみにしています。

船のお食事デート素敵ですね
私も2年前に
日の出桟橋から
船上クルーズで食事をしましたが
何から何まで
いまいちでした
さすがフランスは粋ですねぇ〜
2007/12/23 6:37 AM posted by: パシリー
ほんと!ガ。チ。ガ。チ。!!

川下りっていう日本語、思いつかなかった。。。そう、川下りしたのです。

近くの席に「リザ」と「マリー」という名前の子を含む計4名の子連れの団体がいて、子供たちのことはすっかり忘れて!という訳にはいかなかったけど、預かってもらえたことに義理両親&子供達に感謝の気持ちが沸きました。

たまには、ほんといいよねー。
特にとうまはまだ一人じゃ食べられないし、でも食事は一緒にとるわけで、自分はいつも冷ご飯食べてるからなー。

はー、ありがたい。ありがたい。人の作ったご飯はおいしいもんだ。
2007/12/20 12:44 PM posted by: たけ
体感マイナス10℃!

ガ。チ。ガ。チ。

冬のフランスもいいよな〜と思うけど、日照時間の短さと寒さを聞くとやっぱり夏だね。

フランスの川下り。
食事しながらというのは優雅だね。
子供たちが居ないとゆっくり食べれるしね。

たまにはいいよね。
name:
email:
url:
comments: