スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
なつかしのアイルランド。
先週の金曜日ですが、フランスの長寿番組「タラサ」(世界中の海をテーマにした番組)という番組でパシリー達がアイルランドで暮らしていた町「キンセール」を取り上げていました。

アイルランドとしか予告で言わなかったのでまさかあの懐かしのキンセールが紹介されるとは思っていなかったのですが、長女がアイルランド生まれなのもあって、夜9時からの番組なのに子供も一緒に見ていました。



「あれ?ちょとー、キンセールじゃない?」という夫。パシリーは「あ、あの店。キンセールだよ。」とふたりで大盛り上がり!子供たちも私たちに合わせておおはしゃぎ。(おおげさな家族やねー)



アイルランドの南端に位置する「キンセール」はコーク県の有名なリゾート港町です。アイルランドでも人気のある場所で観光が盛ん。外国人も住んでいたり、別荘を持っていたりしてちょっと高級感漂う町でもあります。

港には漁船よりも圧倒的に「クルーザー」や「ヨット」の数が多く、三本マットの木製の船なんかもよくあったりするんです。



パシリー達が住んでいた家は小高い丘の上にあったので、いつも窓から海と通過する船なんかをみていました。(今考えるとなんて贅沢な場所なんだろう。。。)



ちいさな町なのでテレビで紹介された所は全てなつかしい行きつけの場所で、夫としみじみ「なつかしいね、あそこに住んでたんだよね。。。」

と鑑賞いたしました。



他にもアイルランドの海岸沿いの町が紹介されましたがメインはキンセールだったので、司会者が入った「パブ」はパシリーたちの超いきつけ!「ブルマン」というパブでした。

びっくり、なつかしい。。。家から歩いて1分の「ブルマン」。ホントよく行ったんです!店のステレオが壊れていた日には、アイルランド人がアカペラで歌を歌いだし、友人のバスク(スペイン)人と日本人のパシリーも自国の歌をアカペラで歌ったりして。。。なんとも思い出深い場所。

2階がレストランで、パシリーの母も遊びに来た時行ったよね。(パシリーは長女出産直後だったから一緒には行かなかったけど。)

あー、なんともなつかしい。夫もパシリーも大好きな町でした。

出産後は同居していた友人もスペインへ行く。ということになり、パシリー達も日本へ行く事にしたのでキンセールを離れることに。

パシリーはアイルランドに住んでもいいなと思っていたけど夫は日本に行きたいと強く思っていたので。

まあ、3人同居でみんな仕事してたから払えてたけど、家賃は1000ユーロちょっとでした。(13万円+!高!)

なので、二人になって子供もできたので、どちらにしてもあの家には続けて住めなかったけどね。



あー、なつかしかった。また行きたいなあー。と心から思ったパシリーでした。



アイルランドはパシリー達にとって「忘れられない思い出の場所」なので、いつか子供も一緒にゆっくり行きたいと思っています。



静かで、友好的で、情緒あふれる国へ旅行をしたい人にはとってもオススメです。田舎のほうなら今でも日本人に会うことは少ないし、英語圏なので英語の勉強にもオススメですね。

あ、でも「コーク」は訛りがきっついので(しかもすごーい早口)注意が必要です。

でも、パシリーがいたときには地元の人に「ここの英語がわかれば世界中の英語がわかる」といわれました。なっとく、他の地域にいくと「ゆっくり」に感じましたから。。。








| | アイルランド暮らし。 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: