スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
200年物の梁!
子供のバカンスに入ってからは、平日はひたすら子供たちと過ごし、週末は夫が父や兄弟と家の改装工事。。。こんな大きなおなかのパシリーは力仕事もできないしでやっぱり子供の世話をするしかないのでちょっとストレス。





子供たちもつまらないだろうからと、日曜日の朝は義理父のお客さんで友人(床屋さんなので)宅に「200年以上前の楠の梁」を取りに行くのについていきました。



なんで子供も連れて行ったのかというと、目的はコレ!









トラクターに乗せてもらうこと!

とても親切なこのおじさんは家の娘二人と甥っ子の3人を乗せて作業してくれました。







彼の家の納屋からでてきました。。。







この梁はパシリー家のダイニングとなる部屋の石壁を撤去したあとに家を支える大事な梁になってもらいます。



写真ではわかりませんが、にわか雨にふられみんなびっしょり。。。

子供たちはずーっとトラクターの中で遊んでいたのでよかったけどね。



夫と弟、パピーにおじさんの4人でトラクターを駆使しながらやっと家まで持ち込みましたー。





これから夫が削ったり塗装したりと梁をリフレッシュさせていく予定です。



でも、こんな重い梁どうやって天井まで持ち上げるんだろうね?

まだ先になりますが、またお伝えいたします。





ちなみに、このおじさん。「この梁は自分の家の改装用に田舎の農家から買ってきたけど、余ったものだから。。。家にあってもずーっと納屋にしまってあるだけだから。。。」と値段交渉を拒否。



パシリーも夫もこんな古い梁の値段の相場なんてしらないのだけどいったいいくら位するものなんだろう?



いいよといわれても、運ぶのまでタダでなんて申し訳ない。。。「家ができたら見せてね!」とだけ言っておじさんは帰って行きました。



もちろん、お礼は考えていますが誰かこんな梁の値段しりませんかー?






| | フランスの築100年の家。改装など。 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2006/08/03 10:04 PM posted by: ikuko
家の方は着々と準備が進んでいるみたいでよかったね!
そろそろ、出産だね〜。
大事にしないとね。

ところで、話は変わるけど、
私のブログにコメントする時は、Yahoo!のIDとパスワードがないとだめみたいです。

コメント待ってます。
2006/08/01 10:42 AM posted by: みっふぃー
200年物の梁、すごいね〜。
以前に少しテレビでみたんだけど、
こういう古木は日本でもけっこう人気があって、
腰掛にできるぐらいの丸太で8万ぐらいだった
ような。実際に見に行ったことはないけど、
日本だと、数十万はするんじゃない?
磨くともっと味がでそうだね。リメイク後の写真が
楽しみだね。

パシリーもかなりお腹が大きくて大変だと思うけど、
無理しないでね。。
私はたっちゃんをだっこして、マンションの三階まで
階段で昇るのさえ、つらくなってきたよ。。。
name:
email:
url:
comments: