スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
おいしい、クスクス。
あんまり寝てないパシリーです。

引越し後の心地よい疲れにぐっすりのパシリーを長女がたたき起こしてくれました。

「ガストロ」(流行性の胃腸炎で嘔吐下痢を繰り返すのが特徴)にかかったようで一晩中モドシ続け2人ともぐったりです。長女は顔色も悪く、普通ならお家で静養のところですが今日は数ヶ月前から予定されていた「家族全員そろってレストランでのお食事会」に招かれていたのでどうしても行かなければ。。。実家のすぐ近所のレストランだしまあ最悪は実家でおとなしくしてるってのもありだからということで、朝いちで洗濯をすませ(なにせたくさん汚してくれたので。。)長女も暖かいお風呂にいれて実家へ。



今日の食事会はマミー、パピーのお招き。イロイロな事情で裁判を起こして銀行相手に闘ってきた二人。長い年月の末、勝利!!いままでの弁護士費用に賠償金も支払ってもらえることになり、そのお祝いなのでした。

裁判なんてした事ないけど、二人によると精神的ダメージが強い。負けたときのことを考えたら眠れない。そうで。(そりゃ、そうだ!)夫がまだ青年の頃から始まった裁判らしくホントに長かったそうです。



まずは実家でアペリティーフ。家の長女と、昨日引越し終わったばかりの妹はどうやら同じ症状らしく、新居で初の夜をトイレで過ごしたらしい。気の毒な妹。顔色も真っ白ですが家と同じく今日は欠席できない日なのでこらえておりました。



レストランへ移動。歩いて2分なところにある「チュニジア料理の店」です。長女と妹は吐き気止めの薬服用の上参加。



レストランで、2度目のアペリティーフ。ふー、よう呑むなー。



メニューは、クスクスやタジンといった北アフリカ料理がメインのお店なのでみんなで「クスクス」を注文。

クスクスは野菜や肉などをスパイスで煮込んだ料理をセムール(クスクスとも呼ばれる極小粒状パスタ)と一緒に頂くものです。

タジンも野菜や肉をスパイスで煮込む料理ですが独特な形の陶器の調理器で調理し、基本的に付け合せは一緒に調理された野菜でセムールは食べないとか。



パシリーはナントにあるタジンレストランへ一度だけ行った事がありましたが、そこに比べてもここの料理は。。。激ウマ!!(涙)でした。

肉も質が良いようで臭みもなければとろける様な口当たり。激辛スパイシーかと思いきやそんな事はなく、備え付けの辛味ソースを好きな分だけ混ぜて食べるという事だったので自分好みに辛味も調節でき最高!のお味でした。

長女は、あまり食べれませんでしたが(当たり前ですね)次女は、大好きなようでがっつり食べておりました。夫も、よく入るなーと感心するくらいたくさん!食べ、途中で気分が悪くなって実家に戻ったかわいそうな妹のぶんまで食べ尽くす勢いでした。



デザートには、パシリーは「ブラックチョコレート×ホワイトチョコレートアイスのパフェ」夫は、お店のオリジナルのパフェで、カシス、イチゴ、バニラアイス入り。長女は、イチゴとバニラのアイス。次女は、、、メインを食べ終わるとすぐに夫に抱っこされながら眠ってしまったのでデザートはなし。実は長女、メインが終わる頃ににはパシリーに抱っこされウトウト。でも、誰かにデザートはイチゴアイスが食べられると聞いていたようで「アイス食べるまで寝ない!」とがんばって睡魔と闘っていたのです。



やっと、だされたアイスクリーム。お家のアイスとは違い、きれいなガラスの器にビスケットと傘がさしてあるレストラン仕様。長女のうれしそうな顔といったら。。。なかなかこんな風にレストランには行けないからね。特に子供は連れて行かないことが多いし。でも、あまりにうれしそうなんでパシリーまでうれしくなってしましました。かわいーな、子供。。。



ご近所でオーナも顔見知りってこともあり、妹の分にと残った料理を持たせてくれました。



その後、実家に戻り家族みんなでカードをして遊びコーヒーを飲んでおしまい。

さー、帰るよって頃に長女顔色わるーい。案の定、嘔吐。まあ、車乗る前で良かったような。。。



おいしいもののお話のはずなのに、すみません。



健康ってほんとありがたいですね。みなさんも、気をつけましょう!




| | 料理、レシピ、食べ物。 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: