スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
キッチンの床。
昨日は月曜日。夫はバカンスがはじまり早速朝から家の改装に向かいました。



パピー(夫の父)もバカンスに入り、一緒に。



で、お昼ご飯になってもなかなか戻ってこない。。。マミーか「パピーまだ戻らないから心配になってきた。」と電話が。



パシリーは「きっと何か見つけて夢中になってるか、ご近所さんと立ち話でもしてるんだよー。」とマミーに言うと

「そうね、ただ待ってるとイライラするからお菓子でも焼いて待つことにするわ」とのこと。



で2時過ぎやっと帰ってきました。



「ごめーん。」てね!

で、聞くとやはり!

発見!!キッチンの床と階段下の床のタイルをはがしたら、でてきました!



トメット(テラコッタタイル)と飾り模様いりタイル。



パピーは発掘が大好きなので、床下にきっと古いタイルがあると言っていて既存の床タイルをはがしてみたのだそうです。



コレが、階段下。



四角いオレンジ色のテラコッタ。。。でも、以前トイレになってたところなので排水用のパイプ用に切断されている部分があってもったいない。



で、コチラが夫の趣味に合うキッチンの床。





夫は、雑誌などでこういうカラフルなタイルをみると「いいねー!」といつも言っていた。。。パシリーはテラコッタのような色の素朴な床がいいと言っていたのですが。



色は、よく磨いてみないと本当の色がでないかもだけど、見たところ真っ赤×グレーがかったアイボリー?



ともかく一旦全てを剥がしてどんな感じか、使える状態か見てみることにします。





ホントは今日の午後、1階部分の床タイルの予約に行くはずだったのだけどこれで計画がまた変わりそうなのでちょっと保留ですね。



それから、土曜日に弟と妹が手伝いに来てくれてきれいになった階段の壁。



と階段下の壁。





いい感じになってきましたー。


| | フランスの築100年の家。改装など。 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: