無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
あけまして、おめでとうございます!
 あけまして、おめでとうございます。

2009年6月が最後の更新だったパシリーですが、心機一転ブログ再開いたします!

というわけで、お久しぶりでございます。

最後の更新のあと、4人目妊娠が発覚し3月に出産。
3人目の女の子、イネスも、もうすぐ10ヶ月。

子供たちも、元気に成長中で平和なパシリー家です。

クリスマス休暇は2週間だったけれど、イネスのパラン(ゴッドファーザー)のイニゴが友達と一緒に遊びに来てくれたこともあって、あっという間にすぎてしまいました。

普段はめったに行かないナントの市街地へ出かけたり、子供4人連れのプールは大人二人じゃむりなので、一緒にいってもらったり。。。

2日連続でレストランに行ったり、子供たちは仏語、英語にスペイン語にバスク語まじりの会話をあたりまえのように体験していたり。。。

とても、充実した休暇となりました。

例年通り、クリスマスイブはマミーの家で。クリスマスはマヌーの家で、豪勢な食事。

大晦日は、パシリー家で。

1日、2日もお呼ばれされて、ほんとに食べてばかりな休暇でもありました。

スペインからは、オリーブオイルや生ハム、ワイン、いろいろなお菓子などなど、たくさんのお土産ももらい、パシリー家の食品棚は超充実。

とても楽しかったけれど、あしたから学校&仕事に行ってもらえるのは、実はかなりうれしかったりして。

もう、洗濯物もたまってきてるし、掃除も簡単にすませてたのでやることはたくさんだけれど、通常営業にもどしていきたいとおもいます。

今年は、(も?)いろいろがんばるぞー!なんだか、モチベーションが高いパシリー(いいことだ)こう、ご期待ください!


写真は、ナントでとったもの。
les enfants terriblesとは、いたずらっ子の意味。。。まさに!



イネスのマレン(ゴッドマザー)のららちゃんからの小包が届いた日の写真。このあと、イネスは初ラムネ体験しました。



これは、講師を始めて3年目になるアレンジ教室で作った苔のハンドバッグ。
12月なので、ノエル仕様。
毎回、アイデア出すのが大変なのだ。。。1月は生け花の予定。



年末に、雪がふったのでパチリ。
アトリエ(倉庫)も夏に完成しました。

というわけで、近状報告&年始のごあいさつでしたー。


| パシリー | その他。 | comments(2) | - | pookmark |
誕生日
 昨日、23日はパシリーとらら(双子)の誕生日でした。

もう、34歳かー、33までは若い感があったんだけど34は。。。なんとなく年とった感が強いような?

というわけで、誕生日とはいえいたってフツーな一日。

学校へ送り、掃除、洗濯、食事の準備、買い物(フツーの食料品の。。。)学校、おやつに娘の宿題、アイロンがけ、夕食の準備。

に加えて、特別だったのは「自分の誕生日用のレモンタルトを夕食後に来る義理両親+おばあちゃん+おじさんのために作る」ことくらい???

フランスでは、祝ってもらう人がケーキを持っていったり、会社には飴玉とかチョコとかの大箱をさしいれたり。。。。今年の夫の誕生日には会社用に「ワッフル」を大量に作った。

あとは、電話がみんなからかかってくる。
朝一番の日本からの親友の電話にはじまり、留守にしちゃったけど両親から、夕方すぎからは義理兄弟など全部で6件かかってきたよ。

家族全員にわざわざ代わってくれるので、人数にしたら14人も!
ふー、でもそういえば最近は電話でのやり取りもスムーズにできるようになったかも。

電話って難しいよね、外国語の場合。とくに発音ができないから身振り手振りで会話している私にとって相手が理解できないことが多かったんだけど、わたしもわかんない言葉があったらわけわかんない???ってなったり。。。

それが、最近なくなってきたのはフランス語もだいぶ上達したってことかな?もう5年経ったんだから当たり前といえば当たり前だけど、ちょっとうれしかったこと。

コメントくれた姉,舛磴鵝△△蠅とう!いつもパシリーは忘れてばっかりなのに。。。
次男くんも誕生日近いくせにブログをみて思い出す始末、申し訳ない。。。



自分の誕生日ってあんまり好きじゃないって去年書いたような気がするけど、やっぱり今年も。。。

プレゼントをおばあちゃんとおじさんからもらって、うれしかったし、みんなからお祝いしてもらえてうれしいんだけど、なんか好きじゃないんだよね、このイベント。

いつか、この思いをどっかーんと覆すような「非日常的」で素敵な誕生日をすごしてみたいものだ。。。






| パシリー | - | comments(1) | - | pookmark |
写真でも。。。
 写真をずらっと公開!
学校の「マルシェドプランタン」のために子供達と作ったジャム。
ラベルはパシリーが消しゴムはんこでつくりました。。。



毎年恒例のイチゴ狩りのあとの「イチゴジャム作り」


この日は3キロ、2度目は5キロ、30瓶ほどできました。



日本のエプロン(プリキュア5)がお気に入りの長女。



トーマだってお手伝い!レモン担当。。。



学校のお友達を呼んでの「お誕生日会」
日本でよくやる「フルーツバスケット」
フランスの子達「知らない」んだそうで。。。




誕生日にもらった新しい自転車(VMX)日本のじいじ、ばあばからのプレゼント。(選んだのは私達ですが)



イースターのテーブル。。。えーっと、26名!村のテーブルとベンチを借りました。
アメリカ、スペイン、ブルトン(ブルターニュの人々)フランス人に日本人。。。



メニューは、パエリア。
いつもの2人組みがシェフですねー。パエリアパン3個つくりました。



お誕生日だった、イニゴとまり。それに便乗でプレゼントをもらったリサとトーマ。
「宝探し方式」で自力で隠されたプレゼントを見つけるという楽しいアイデアはアメリカ人のレベッカならでは!「隠すのがすきなのー」だそう。。。



5月のお誕生日会。。。双子の37さい。
イチゴ三昧ですねー、パシリー頑張って3つもケーキ作ったんです。。。経費節約もありで。。。
人数多すぎ!大家族?



誰でしょう?
春の仮装行列に参加したリサ。
魔女の宅急便の「キキ」ですが、みんな知らないんだって。。。。残念。



インディアン。友達もインディアンだから。。。という理由。

2人ともパシリーの工作で。



家族写真。

でしたー。
| パシリー | - | comments(5) | - | pookmark |
初登校!
 今日からいよいよトウマも学校に行くことになりました。

毎日、お姉ちゃん達を送っていくので、学校も先生もお友達も慣れっこ!

初日も、あっさりママにバイバイしてくれて、本当に久々に一人で静かな午前中をすごしました。

夏休みまでは、午前中だけ行って、9月の新学期から丸一日登校にする予定です。

おむつも、娘達よりは遅めだけれど、苦労せずにとれたなーという感じ。。。2歳9ヶ月、、、長女から数えると7年2ヶ月の「オムツ交換の日々」にサヨナラできてひと段落。


先生も「おトイレちゃんと言えましたよ!」
といってもらえました。

6月いっぱいは、フリー(花屋)になる為の手続き、準備に勤しもうと思います。

7月からは2ヶ月間もの夏休みがやってきてしまうので、それまでに大方片付けておかないと。。。

フランスも初夏らしくなってきて、庭も花盛り!

野菜畑では、大根、枝豆、かぼちゃなどなど日本野菜も順調に育っています。
しかし、雑草がぐんぐん伸びるこの季節。。。抜いても抜いてもおいつかないよー。

やることいっぱい!がんばるぞー!











| パシリー | - | comments(3) | - | pookmark |
近状報告。
お久しぶり!
っていつも久しぶりな日記ばかりですが。。。

近状報告ー。
子供のバカンスもおわり、(ってまた4月の頭からバカンスですが。。。)
一息と思いきや、胃腸風邪に子供が順番にかかってなかなか静かな1週間ってのはやってこない。

でも、その合間をぬって、なんと!このパシリーが(家族は驚くにちがいない!)
ソファーのカバーやクッションカバーを作りました。

壁紙を見に行ったインテリアショップでたまたま生地を安売りしていたので思わず買ったけど。「そういえば、ミシンなんて中学校以来触ってないんだった。。。しかも苦手だったような???」
なーんて、あいまいな記憶。

いやー、思い出しました!学校でエプロンとパジャマは作った覚えがある。
あと、テディーベアを夏休みの宿題で作った!(熊ではなくパンダに変更して、しかもかなり独特なぬいぐるみだった)

どれも悲惨なできばえだったのを思い出したけど、もう生地買っちゃたしマミーも「ミシンかしたげる」とすぐに持ってきてくれちゃったし。。。

というわけで、ソファーとクッションカバー作りましたよ。

ちょっとー。やればできるじゃん、私!

3日で3人用ソファー、2人用ソファー、クッション6こ、それに一人ようのいす(なんていうんだろう?)完成!

夫や近所の奥さんに「プロみたいね!」といわれて、「え?」自分がびっくり!
マミーも「うちのソファーもやってもらおうかしら」なーんて言ってるよ。。。

「パシリー、なんの努力もなしに時間がたっただけで自然と裁縫が上達したのか?それともわたしの周りのレベルがひくいのか??」

ともかく、反省点はあるものの古くてださい布カバーとおさらばできただけでもうれしいパシリーでした。

夫は「次は一番大きいソファーもやろう!」だって。言うのは簡単ですが。。。「あなたねー、パシリーが裁縫上手(好き)だとでもおもってるんですか?」

うちには裁縫上手の姉さんが2人もいるので、ほんと近くにいたら頼むのに。。。

夫は、去年、庭仕事に目覚めたので、夏用の花の種まき(室内)や畑を耕したりと週末ごとにお庭仕事をしはじめました。
(いや、パシリーも耕すんですよ、しかも種はまきっぱなしなんでパシリーが水遣り)

最近気が付いたんですが、うちの夫「すごーくたくさんのアイデアがすぐ浮かぶ人(いいアイデアかどうかはべつとして)」なんです。

で、実現するための行動係は「この私」。

ちょっと納得いかない、パシリーなのでした。



| パシリー | - | comments(3) | - | pookmark |
明けましておめでとう。
クリスマス休暇がおわり、今日から学校も夫の仕事もはじまりました。

なので、やっとパソコンに向かうこともできます。家族が休みで家にいるときはホント自分の時間なんて数分も持てない。。。

今年のクリスマスはとにかくお呼ばれされることが多くて
23日の夕食
(ピレネー(スペイン国境の山)から来た夫の同僚の両親に招かれ)

24日夕食
アンフランスの家(叔母)

25日昼食
マヌー宅(おおおばあちゃん)

と3日続けての豪華なメニューで子供も不規則な生活が続き、うれしいような悲しいような。。。クリスマスはいつもこうだけど、「疲れる」
メニューは、どこへいっても「フォアグラ」がでた。伝統的なメニューばかりだったのでデザートまでたべるとおなかはちきれそうでした。

ご近所さん家や友人宅へも招かれて、自宅で食事をのんびりっていうことのない休暇でした。

あ、フランスで初スケートに行ってきました。
とうまは車でお昼ねしちゃったので、マミーが車中で編み物をしながら待っていてくれて、パピーは「僕は手でも痛めたら仕事になんないから滑らない」というので一緒にきた犬と周辺の公園を散歩。

パシリーとジョン、妹のローズ、まり、りさの5人で滑ってきました。
子供はもちろん初体験!

でも、さすがは子供。。。怖がらずに何度転んでも平気そう!手をつないであげれば一緒に滑れるようになったのですごい!

ローズはなんとか滑れたけれど、自分のことでいっぱいいっぱいって感じなんだけどジョンが手すりから離れられない人だったため頑張ってまりの面倒をみてくれました。

そう、ジョンはスケート2回目なんだけど1回目もずーっと手すりとお友達だったようで2回目も進歩なし。。。

でも、子供じゃないから転んだらどこか痛めそうだし、恥ずかしい気持ちもよーくわかるので一回だけ手をひいて一周しただけでおしまい。いやー、ジョンが転んだら私じゃ支えられないからどきどきでした。

パシリーもすごい久しぶりだったけど、自転車とおんなじで体がおぼえていたようでスイーとすべれました。もう、20年くらい前に滑っただけなんだけど。。。

こういう遊びは、やっぱり小さいときに身に着けるといいと実感。小さいときにスケートに連れてってくれた両親に感謝ですね!

なんか、くだらない日記で年はじめとなりましたが、皆さん今年もよろしくおねがいします!
| パシリー | - | comments(5) | - | pookmark |
再会!
金曜日の夕方、学校が終わったマリとリサを迎えに行った後、ジョンを会社へ迎えにいってそのまま直行!

おやつも車の中で食べさせ、マリは宿題があるので学校のかばんも持って行ってきました。

リオネルとレベッカの新しい住処に!

ボルドーの手前にある、かわいらしい町「BOURG SUR GIRONDE」

カリフォルニアから引っ越してきてかれこれ5ヶ月。二人ともあっと言う間に仕事も見つけてすっかり地元民になってました。

スペインから、イニゴも来るというので少しでも長く時間を過ごせるように土曜日出発を急遽金曜出発に変更して行ってきました。

車で3時間ちょっとかかるから運転手は大変だったようで。。。ご苦労様でした。
高速で130キロ平均(制限速度が130キロなの)でとばしていたので疲労が。。。
しかも、夜で雨降り&強風だったのでジョンもずーっと緊張運転。

その甲斐もあり、日曜日の夕方までとても楽しい懐かしい仲間との時間がすごせました。

相変わらず、リオネルは「お客に料理してもらう」姿勢なので、アイルランドでもいつもしていたように、イニゴと私が二人で料理。

まあ、おいしいものをたべたいので(失礼!リオネル!)私達ふたりが作ることに意義はないです。。。

カリフォルニア出身のレベッカは、なんと妊娠初期!おめでたいー。
けど、料理のにおいが駄目なようで、キッチンには料理ができてから登場。。。
その間、マリとリサに英語の絵本を読み聞かせてくれたり、ゲームをしたりしてくれて二人は喜ぶし、私も楽チンでした。ありがとう!

っていうか、料理も子供の世話もしてない約2名(げ、二人ともフランス人。)
は食前酒をのみつつおくつろぎ!

トーマは、持参のおもちゃを持ってちょろちょろ動き回りそれはそれで楽しそうでした。

昼間は、市が出ていたのでみんなで出かけ、食材探しをしたり、お城をたずねたり。。。

寒いけど、天気がよくて散歩が気持ちいい!トーマのペースが遅いのでたまに抱っこしたりしたけど大人が多いので楽でしたー。イニゴは娘2人に気に入られ両手に花。
リオネルはトーマのゴットファーザーでもあるので、面倒よくみてくれました。

アイルランドを離れてもう6年以上経つけれど、この友人達は今でもとても近い存在。
会うたびに思う。。。「全然、変わらないねー。」

今度は、スペインのイニゴの家に遊びに行きたいなー。新しいアパートまだ行ったことないし。
スペイン語全然わからないんだけどねー。

そういう訳で、待ち遠しかった週末はあっと言う間に過去になっちゃうのでした。




| パシリー | その他。 | comments(1) | - | pookmark |
近状報告。
もう、12月ですね!
先週雨の中、海の近くの松林で松ぼっくりと苔類を集めてきたのでノエル用の飾り物をつくるとするかなー。

そういえば、もう1ヶ月も前ですが髪の毛ボブにきりました。
前髪もオンザですっきりです!

子供達(娘達)は、もうクリスマスのことで頭がいっぱいなようでソワソワしています。

とうまは、あんぱんまん熱もすこしおさまり、こんどは「ポーリュックス」ばかり見たいとまいにちいうのです。。。
フランスのアニメだけど、知ってるかな?
毛の長い犬が主人公で牛とウサギとカタツムリなんかがでてくるんだけど、とうまは「モーモー」が見たいといいます。

主人公は「ワンワン」なんですけど???

フランスの今の時期は、太陽が出ている時間がほんとに短い!
雨もよくふるし。。。外出したくない気分。ひきこもりがちな人々。

でも、昨日は寒い中、庭に木をうえました。

モミジの木とつつじを3本うえました。

つつじは、白とピンク2種。ほんとは2本だけの予定だったのだけど、ピンク1本買ったらもう1本オマケだったので。。。

庭の角はちょっと和風の木々を集め、となりにある昔の洗濯場にはアイリスをこれでもか!と植えてあるので春がくるのが待ち遠しいな。

うちは、2人ともイギリスっぽい庭がすきなのでほかの花壇は英系にまとめてあるのですが、やっぱり季節を楽しむ和の花達もほしいよくばりな私達。

モミジのうしろに「雪柳」をうえたいんだけど、園芸屋にはなかったので探し中。

にわの図面やプランはパシリーが主導権を握っているので楽しい限りです。実際、穴を掘ったり土を運んだりは、夫のお仕事なので分業ですね!

あと、今週末はサンフランシスコからボルドー付近に移住してきたリオネル、レベッカの家にいきます!
スペインからイニゴもくるし(中間地点だからね)、楽しみ!!

薪も今年分は仕入れたし、冬支度は万全です!

ただ、カメラはまだ買っていないので、っていうかノエル前に買うのはバカらしいので1月に買おうと思います。

写真はないけど、近状報告!でした。



| パシリー | - | comments(1) | - | pookmark |
りさ、5歳
5年前、日本の自分の生まれた病院で母がお世話になった、私達をとりあげてくれた先生が担当でした。。。

もう、5年もたったんだなー。しみじみ。。。

りさを産むときは、1年半前出産したまりの時の帝王切開(アイルランドにて)のこともあって、しかも自然分娩派のこの院長先生のいる産院だったこともあって不安いっぱいながらの自然分娩でした。

うーん。夫とも話したけど「いいお産」だったよね。

夫にとってもこの分娩が本当の出産立会いだったわけで、すごい覚えてる!といっています。長女のときは帝王切開だったけれど立会いができましたが、産まれる瞬間は下半身はカーテンで隠されていて見えないからね。。。

陣痛が来るたびに「ここを押してだの、触らないで!」などなどの注文に文句を言うこともなく、励ましながら付いていてくれた。

それに、日本の助産婦さんたちは「励まし上手」。「頑張れ、もう少しだよ(ウソでも。。。)」とくるたびに勇気づけてくれる。麻酔のマの字も出さないし。

「いたい、いたいって大げさねー。まだ、5センチも開いてないわよ!」(だったら麻酔しなさいよ!という感アリアリで)というクールな態度のフランス人。

「痛いでショー?麻酔いつでもかけるから言ってねー」と麻酔の誘惑を常にしてくるやさしい???アイルランド人。ちなみに就寝時間になると「痛み止め打ってあげるから良く寝なさい」と積極的に注射をうってくれた。優しい?陣痛がきてるのに?

イロイロです。。。


とうまのとき(フランス)は、途中から脊髄麻酔をかけたので(誘惑に負けて。。。)、音楽を聴きながら「静かだねー」とお産の痛み絶頂期なのがうそのよう。。。さすがにいきみはしましたが、やっぱり楽だった分、達成感は違ったかな。

ちなみに、産後も楽だった。。。麻酔をかけたおかげで、子宮口全開まで待てるから傷も付かずに出産できて、産後が楽でした。しかも、出産中の疲労度が断然軽いから、赤ちゃんのお世話にも余裕がでるかな?
ま、3人目でもあったのだけど。

自然分娩でいきみたいが為に、早めの出産をしてしまうと(リサのとき。。。)結局、傷口も大きくなって直りも悪いし、数週間は座れないほど痛い。
後のケアも長く必要だから、母体自体の疲労度はおおきかった。

マリのとき(アイルランド)は。。。金曜日の夜から入院して、出産したのは日曜日のお昼。ぎりぎりまで、誘惑に負けることなく陣痛に耐え、しかもなぜか「陣痛のがし」にと何回もお風呂に入れと薦められ、痛いのに計3回くらいお風呂にはいった。。。そして、
出産直前に便秘がちだったので、「下剤」を頼むも「そんなの聞いたことない」と却下。
仕方がないので、干しプルーンを食べたりもして。。。(いや、効き目なかったけど)

階段を何度も夫と上ったり、下りたり。。。途中激痛がきて止まったりでもうたいへん!

夜は、痛み止めを打たれ。。。で、結局夜中に破水してしまったので分娩室へ移るも「子宮口が開いてない」というのでモニターをつけられ一人で格闘。。。(夫も夜は帰らされたので)「夫、呼んでください」といっても「まだ、まだ時間かかるよ」といわれた。

が、しつこく頼んで電話してくれることに。(分娩の瞬間じゃなくて、今、彼が必要!と訴えて)

夫が来て、まもなくモニターからアラームがなりはじめ。ドクターがぞろぞろ3人ほど来て相談。。。で、「赤ちゃんの心音が弱ってきています。帝王切開になりますがいいですか?」と。

麻酔をかけ、痛みが治まったころ手術室へ移動。初めての手術、しかもまさかこうなるとは思いもせず。。。インド人の麻酔の先生がやさしく「感じないですか?」とつめたいアイスノンでいろいろな場所を触って麻酔の効き加減をチェック。

同じくインド人の女医さんが執刀担当。
中国人のお医者さんもいて、アイルランド人の助産婦さんもいて、夫はフランス人で、妊婦は日本人と何ともインターナショナルな分娩室でマリは生まれました。

術後は。。。これまた大変で。。。しかも、4日で退院でした。早くない?


3人それぞれが違う国で産まれたけれど、やっぱり日本人、日本で産んだリサの時が一番精神的には楽だった。みんなの会話は全部わかるし(だって、ドクターが何言ってるのかわからないと不安だよね。)、励ましてくれる人もたくさん近くにいてくれたから。。。

リサは自分を「日本人」だといつも言います。
「だって、日本でうまれたもん、マリはアイルランド人でとうまはフランス人!」とのこと。。。国籍選択の日にはみんな悩むのかな?
フランスか日本(マリはアイルランドもあり)。。。それまでに二重国籍OKに改正されないかな?

お誕生日ですが、、、カメラがないので写真はナシです。
代わりに、出産経験ばなしになりました。。。ごめんね。











| パシリー | フランス暮らし。 | comments(6) | - | pookmark |
いけばな教室
パシリーのフランス初仕事の「いけばな教室」。
2箇所のアソシエーションの初レッスンが今日おわりましたー。

レッスンそのものよりも、年間の予定&予算を考えたり、花を仕入れることや授業の内容をどうフランス語でフランス人にわかりやすく言うか(特にこれは大変!)を辞書相手に探したりなんていうことで時間はあっという間に過ぎていってしまいました。

ついでに、庭に芝の種をまいたり。。。というか、下準備に庭前面を耕すのだけど全部手仕事でした。フォークの大きいの(日本語で何と?)でちまちま耕し続けること2日。

クマデでならしながら石を拾うこと1日。
 
やっとのことで芝の種を撒き、今は、若い芝がほとんど前面を覆ってくれてきれいに変身!やっとほんとに庭らしくなってきた!

今秋は、庭木も植えるつもりです。かえでかもみじを植えようと思います。

ところで、話は戻っていけばなレッスン。。。

自分が生徒だったころ、日本でお花の先生は盛り花や投げ入れの規則やら、いけばなの哲学なんていきなり教えてくれなかったし、こっちも「先生に直してもらうこと」を繰り返しながら、感覚をつかんでゆくってな感じだったのに、こちらではそうもいかず。。。

しかも、1クラス14名もいるもんだからほんと大変です。

要望にお答えして、最初に今日のテーマと注意事項を説明し、デモストレーション。ついでに、たいてい哲学とか意味があるんでしょう?と質問があります。
「いや、まだ哲学語るほどのレベルではないのでは?」と思いつつも「天地人」の役枝の話なんかをちょっと盛り込み、その気にさせてみたり。。。

その後、各自が自分の花器に合わせて生け始め、パシリーはみんなの周りを一人ずつにアドバイスしながら2周ほどしたらほぼ完成。

いけばなって、花の向きとかバランスとか、とても繊細で細かいところまで気をつけることが大切ですが、「長い茎を切るのがもったいない」という人が多くて、葉はたくさん付きすぎだし、つぼみも全部使いたいしということで、それをあらためるのに「潔くきっちゃいましょう!」を繰り返すパシリー。。。

ふー。ナにはトモアレ。初回がすべて無事に終わってよかったー。

あ、ところでパシリーのデジカメ。壊れたみたいです。
IXY LI?なんだけど突然液晶が真っ暗に!
そこまで撮った画像はみれるのに、もう撮影モードにしたら真っ黒でシャッターは切れるけどやっぱり真っ黒で。。。

修理できるのかなー?
レッスンの作品写真が撮りたいのに痛いなー。
初給料はカメラに決定???まだ、もらってないけど。

パソコンに続いて今度はカメラかー。たいてい3回続くっていうよね、大物はご勘弁ください!!!(祈)


| パシリー | | comments(3) | - | pookmark |